システム利用で企業経営を助ける〜お助けセンター〜

導入で効率アップ

運送業システムを導入するメリット

運送業においては、トラックおよび荷物の管理を行う必要があります。管理をしっかりと行うことで、着実に荷物を指定された場所に時間通りに輸送することができますし、トラックを適切に管理することが可能になり、待機時間を減らし効率よく輸送を行うことができるようになります。そのため、運送業では専門の担当者を置いて管理を行っていますが、これらをシステム化したソフトウェアも販売されています。運送業システムの仕組みとしては契約および受注、配車、日報などの管理のほか、代金の請求および入金確認などをトータルで行うというものです。またシステム化することによって複数の担当者がいても運行状況を把握しやすいといったメリットがあります。

利用するための費用とは

運送業システムは、特殊なニーズのソフトウェアですが、一部のソフトウェアでは税制優遇を受けることが可能です。システムを運用する場合には、規模によって異なりますが80万円程度は必要になります。一方で、運送業システムを導入した場合には車両管理を含めて総合的に管理が行えるようになり、作業の効率化を図ることができますし、コンピューター化することでほかのシステムと連携させることも可能です。例えば、運行状況を記録する日報では、走行距離を記載する必要がありますが、デジタコと連携させれば数字の拾い上げの作業が不要になります。また会計システムや人事給与システムと連携させることで精算作業を軽減することができるといったメリットがあります。